村上の取り組み

町屋の人形さま巡り−毎年3月1日〜4月3日−

城下町村上、その町屋には代々受け継がれて来た人形があります。どの人形も家の思い出と願いが込められた大切な「人形さま」どうぞごゆっくりお楽しみください。

町屋の人形さま巡りが起こるきっかけと経緯

平成10年夏、村上町屋商人(あきんど)会を結成し、生活空間である町屋の中を公開する取組みを開始しました。和菓子、鮭珍味、地酒、郷土料理、染物、工芸品など22軒の商店で構成されました。その努力もあり、結成後一年経った頃にはマップを片手に村上の町を歩く人の姿が見かけられるようになりました。しかし、町屋の重要性を町の人々に認識してもらうにはまだまだです。
ある時期に、活性化の起爆剤となるような取り組みができないかと模索し続け、立ち上げたのが「町屋の人形さま巡り」でした。3月、生活空間の町屋の中に、その家に伝わる雛人形はじめ武者人形、土人形、市松人形などさまざま人形さまを展示し旅の人に披露するというものです。60軒もの町屋で家伝の人形さまを無料で見学してもらうこの取組みは、話題が話題を呼び口コミでも急速に広まり、第一回目から3万人もの集客に成功し、一億円以上もの経済効果がありました。

【写真】町屋の人形さま巡りの模様その後、春を呼ぶ人形さま巡りとして人々に親しまれ定着し、現在では全国的に知れ渡る催しに成長し、毎年10万人以上もの観光客が全国から訪れています。

町屋の人形さま巡りのみどころ

店先ではなく、生活空間である茶の間に家伝の人形さまを飾っていることが、この人形さま巡りの特長の1つです。大半の参加店では家の人が出てきて説明してくれますが、地元の人々との語らいふれあいも催しの魅力の1つです。参加総数70軒、すべてが見学無料ですので、旅の方には1軒でも多く巡って頂きたいと願っています。
人形は、お雛様はじめ、お殿様からの拝領品の大名行列のお人形に武者人形、三福神、ウルトラマンにペコちゃん人形、ウズベキスタンの土人形と様々で、村上の町屋の奥の深さにも驚かれると思います。

*味匠喜っ川「町屋の人形さま巡り」のご紹介

町屋の人形さま巡りの波及効果

【写真】SL「村上ひな街道号」この町屋の人形さま巡りは、経済効果以外にも、様々な波及効果がありました。来訪者へのお人形の説明は、毎年各町屋のお年寄りが活躍してくれています。丁寧な説明が来訪者に喜ばれ、またお年寄りが元気になったという声が多く聞かれました。また平成14年の第3回の人形さま巡りからは、SL村上ひな街道号が運行されるようになりました。以来、JR東日本との連携ができてきています。その他、平成16年にはウズベキスタンの文化人が訪ねて来られたり、平成17年には初めて台湾、韓国からツアー客が見学に訪れました。
ちらほらと外国人客の姿が見られますが、みなさん町屋の建築、箱階段やいろり、仏壇・神棚と日本らしさを、そして村上人の人情にふれて、三々五々、日本的情趣を堪能されているようです。

ページトップ
町屋の公開
町屋の人形さま巡り
町屋の屏風まつり
宵の竹灯籠まつり
十輪寺えんま堂の骨董市
黒塀プロジェクト
町屋の外観再生プロジェクト